ソフトオータムにおすすめのベースメイク

スポンサーリンク

パーソナルカラーがソフトオータム (ミューテッドオータム、イエベ秋ソフト)の私が使っているベースメイクを紹介いたします。

日本にはあまり多くないと言われるソフトオータムさん。流行りのアースカラーでおしゃれで大人っぽい雰囲気を感じます。

しかし一般的に「定番」「人気」と言われているものがあまりハマらないことがあり、悩んでしまうことも多いかと思います。

例えば、ラメがキラキラしたもの 、ツヤツヤのリップグロスなどは苦手です…。

ソフトオータム に似合うメイクの傾向

パーソナルカラー がソフトオータム (1st秋2nd夏)に似合うと言われるメイクは

  • ツヤよりマットな肌。
  • 明るく黄みよりのくすんだカラー。
  • コントラストが少なく、ワントーンメイクが得意。

顔タイプなどパーソナルカラー以外の属性によっては当てはまらないものもあるかもしれません。

私は顔タイプがフレッシュ(子供顔)なので、マットすぎると大人っぽくなりすぎてしまう傾向があります。(かといってツヤツヤも×。)

自分に一番しっくりくる質感を模索して、今このベースメイクに落ち着いています。

ソフトオータム のベースメイク

現在使っているアイテムはこちら。

左から

  • コントロールカラー:ナチュラグラッセ カラーコントロールベース(ピンク)
  • コントロールカラー:エレガンス カラーコントロールベース(ピンク)
  • プレストパウダー:エレガンス ラプードル Ⅲ
  • 下地:to/one×mmm.スキンスムーザー
  • コンシーラー:POLA ディエム クルール カラーブレンドコンシーリングパウダー

下地

化粧水、乳液後、一番最初につけるのがmmm.のスキンスムーザー。「塗るあぶらとり紙」とも言われています。

テカりやすいおでこ、小鼻のみ仕込みます。これをぬるだけでテカリはもちろん、毛穴もカバーしてくれます。メイクの仕上げに、マスクに当たりやすい部分塗るという使い方もできるそう。

オーガニック由来で肌に優しく、メイクの一番下に塗るのに適しています。現在2個目をリピ中のお気に入りです。

現在使っているのはto/oneとのコラボの限定品。定番品はピンクとベージュのマーブル模様です。

コントロールカラー

スキンスムーザーの後にはコントロールカラーを塗ります。

私が使っているコントロールカラーは2本。その日の気分でどちらかを使っています。

私の地肌は血色感のないマットな肌。ソフトオータムの方に多いタイプと聞きます。そのため私はコントロールカラーで肌の色味を足したり、明るく見せることが必須です。

ピンクのベースはナチュラグラッセのカラーコントロールベース。こちらも大好きな肌に優しいナチュラルコスメ。ラベンダー系のオーガニックな香りが癒されます。

私の地肌の色味が土色で、ピンクのコントロールカラーを載せると浮いてしまうことが多いですが、このピンクはきれいに馴染んで自然な血色感を出してくれるところがお気に入りです。色違いでイエローもありますが、相性がよく肌色が明るくなるのでこちらもおすすめ。(リンクはホワイトになっています)

エレガンスのモデリングカラーベースはベージュを使用。これを使うと、「あれ?こんなに私肌綺麗だっけ?」と思ってしまうほどの補正力!!

コスメ雑誌などでもベスコスをいくつも取っている人気商品です。色違いのオレンジも、私の肌を生き生きと見せてくれて相性がよかったです。

 

同じパーソナルカラーの方の情報を見ると、ピンクのコントロールカラーを使っている方が多い印象でした。

私はソフトオータムの中でも肌の色が健康的なタイプな気がするので、コントロールカラーはピンクよりオレンジの方がしっくりきます。

コンシーラー

コンシーラーはPOLAのディエム クルール カラーブレンドコンシーリングパウダー。見た目もかわいくテンション上がります。

コンシーラーは、ファンデ同様どうしても不自然さが出てしまうので、使わずにシミやくすみ丸出しでしたが、このコンシーラーは今までにない質感で、自然にカバーしてくれる優れものです。イエローの部分を目の下に載せると、目元が明るくなって良い!

ただつけすぎると、粉っぽくなって、目元に粉がたまってしまうので加減に注意が必要です。あとピンクが苦手な私は、一番右のピンクの出番がありません・・・。

私はナチュラルみのある肌が相性がいいので、プロのメイクさんにメイクして頂いたとき、多少のシミは無理にコンシーラーで隠さない方がいい!と言われました。(ソフトオータムさん、そういったタイプ多いとも聞きます)

プレストパウダー

パウダーはエレガンス ラ プードル オートニュアンス リクスィーズ。

長年小さいサイズのⅤを愛用していましたが、ソフトタイプの方がよく使っているに色味(Ⅲ)に変えました。そしてサイズも大きいタイプにしてみましたが、これがすごくハマって。小さいサイズよりプレストが弱めで、ふんわりと自然につくんです。

一瞬にしてナチュラルなセミマット肌が完成。高いだけあってこれはすごい!

私はパフを使わず、大きめのブラシで使用。少しだけツヤ感を残したいので、頬以外の部分に塗っています。

ファンデーションは?

私はファンデーションに苦手意識があり・・・しみやくすみなど気になりますが、どうしてもファンデーションを塗ると顔にペンキをぬったようなのっぺり感がでてしまいます…。

特にマスク生活が続いている今、更にファンデから遠のいてしまいました。

ファンデ苦手な私ですが、いくつか使っていいなと思ったものがありますので紹介します。

まず一つ目がKiss(キス)のマットシフォン。リキッドタイプのマットファンデで、自分の素肌をきれいに見せてくれる自然な質感です。

色味は一番暗い色5を持っています。(リンクは2のカラーです)

8月にリニューアル発売されたばかりのアルビオンのベリーレア エアー
サンプルで1週間ほど使用しましたが、ファンデを塗っているとは思えない軽さ、ソフトオータムにぴったりのセミマット感!
現品買おうかなと迷っているほど気に入っているファンデです。色味は2番がぴったりでした。
ファンデに迷われているソフトオータムさんにおすすめです。

まとめ

ソフトオータムの私のベースメイクは

  1. 毛穴を隠して
  2. コントロールカラーで明るさ、血色感を出して
  3. パウダーでセミマットに仕上げる

という感じです。

ソフトオータムの良さを生かすには、ベースメイクはかなり重要なポイントだと思います。

ベースメイクに悩むソフトオータムさんの参考になりますように!

スポンサーリンク