【ソフトオータム】似合う服を知ってクローゼットに無駄がなくなった話

スポンサーリンク

過去:自称ミニマリスト時代のファッション

2016年末。断捨離&ミニマリストブームで、私も見事にその波に乗っかりこのブログを開始。

当時の私のクローゼットは白黒、グレー。無地かボーダーにギンガムチェック 。まさにTHEミニマリストといった感じでした。

肌の色が褐色なので、昔からできるだけ濃い色を着た方が肌の色が目立たないと思って、アウターは紺や黒を選んでいました。(白などの明るい色は色白の人にしか似合わないと思っていました。)

現在:ソフトオータム の似合う色味を取り入れたファッション

パーソナルカラー診断などのイメコン診断を受け、イエベ秋、その中でも明るめでアースカラーが得意な 「ソフトオータム(ミューテッドオータム )」だと知り、今までミニマリスト気取りで着ていた服が全く似合っていなかったことに愕然。

確かにこれらの服を着ていて褒められたことはなく、自分自身なんとなく顔色と馴染んでいないなと感じていました。

似合うと言われたソフトオータム カラーの色の服を着ると、肌の色がパァっと明るくなり、元気で若返った印象になり驚愕。

女性らしい服が得意な骨格ウェーブで自分の好きなテイストを違うことをしってガックリしましたが、実際には骨格ウェーブの得意な服はいまいちハマらず、顔タイプ診断でカジュアルな服が得意なフレッシュタイプだと知り、自分の好きなテイストは間違っていなかったんだと安堵しました。

そこからパーソナルカラー 、骨格、顔タイプのそれぞれをすり合わせてようやく自分の向かうべきファッションの方向性を悟った気がします。

(2020年9月)最新記事▷ソフトオータムにおすすめのベースメイク

クローゼットが似合う服ばかりになって良かったこと。

似合う服が分かって一番良かったのは、全ての服の稼働率が爆発的に上がったということ。

以前は何着服を買っても、着るのはいつも同じ服。同じコーディネート。

店頭でいいな〜!と思ってかったはずなのに、結局一度しか着ない。そんな服が何着も出てきて、クローゼットの稼働率は体感で30%ほど。

現在のクローゼットは、コーディネートを組みやすいように8割はソフトオータム の自分のベーシックカラー(ベージュ、カーキ、ブラウン)にしています。

プチプラのguやユニクロの服でも3年着ているものもあり、お気に入りばかり。

クローゼットの稼働率は80%を超えていると思います。

イメコン診断を受けてからは、服を選ぶのが慎重になり、持っている服とどう合わせるかをめちゃくちゃ考え、必ず試着をするようになりました。

頭の中で「これは似合う!」と思って選んだ服でもいざ着てみると、自分が気がつかなかったポイントで似合わないということが多々あります。

試着できる環境であれば必ず試着を!!

ネットで選ぶ際は丈や素材、サイズ感、モデルさんの骨格を細かくチェック。

特にスカートやパンツの丈は、低身長なこともあり、とても気にします。

以前はネットショッピングをしたものを返品する機会がすごく多かったのですが、今ではネットでもドンピシャの服を選ぶ確率がグンと上がりました。

似合う服を知ることはメリットしかない

「パーソナルカラーを知るとそれに囚われて選択肢を狭くさせる」

「好きなものを着るのが一番。」

など、イメコン診断に対して少しネガティブなイメージを抱く人もいます。

私もずっとそう思って自分の好きなものを貫いてしましたが、いざ自分の似合う色を知ると、逆に選択肢が広がって新しい世界を見ることができました。

そして似合う色を身につけたときの顔の発光具合の衝撃(笑)。

私のソフトオータムというパーソナルカラーはかなりマイノリティーらしく、そのため世の中に出でいる「誰でも似合う色」と言われるものがことごとく似合わなかったこともあり、診断のおかげでかなり助けられました。自力では似合うものを見つけきれなかったと思います。(好みも全く違ったので)

現在空前のくすみカラーブームのおかげで、ソフトオータム大歓喜の時代がやってきました。コスメもブラウン、ベージュ系のリップやチークの選択肢がかなり増えています。

好きなものを着るのが一番。これは全くもってその通りだと思います。

でも似合うものを着るのが一番。これも正解だと思います。好きと似合うが一致している人は本当に羨ましいです!

私はブルベ夏の色味が好み。似合わないと言われたピンクをどうしても身につけたくてくすんだ明るいピンクの服をチョイスしたり、ネイルなど目立たない部分に好きな色を取り入れるようにしています。診断結果が選択肢を狭めるようなことは決してありません。

ファッションに悩んでいる方は似合う服が見つかるイメコン診断、ぜひ受けてみてください。

個人的には最初は顔タイプ、パーソナルデザイン など似合うテイストがわかる診断がおすすめです。パーソナルカラー だけでは似合う服を見つけるのは結構難しいと思います・・・。

スポンサーリンク